小説の魅力って、いったいなんだろう。

ダイナミックなストーリィ?

愛らしいキャラたち?

洗練された会話?

もちろん、そのどれもが、小説に必要なアイテムだとは思う。

しかし一方で、本質はそこにはない。

なぜなら、これらはすべて例外なくパーツであるからだ。

人生の本質が個人の過去や未来に存在しないように

パーツに本質は宿らない。

では、どこにそれは存在するのか?

それに触れたいと望む、私たちの意志にこそ存在するのだ。

思考の飛翔をイメージしながらどこまでも駆け上がる。

滑らかな春の早朝、ふと空を見上げるように、自由の風を感じる。

そんな崇高な視線のさきに、きっと本質は存在する。

さあ、一緒に飛んでみませんか?